北見カイロプラクティックセンター ~スタッフ紹介~

院長 城 昌伸

北海道カイロプラクティックならカイロプラクター城昌伸
本籍
北海道北見市
1984年
Chiropractic Soft Tissue Techniqueを修得
1985年
北見治療センターを開院
1991年
JCA Chirpopractic Special School卒
北見カイロプラクティックセンターへ名称変更(三浦レポート)
1999年
オーストラリア公立ロイヤルメルボルン工科大学/RMIT大学日本校生命化学部カイロプラクティック学科CSC卒
Bachelor of Chiropractic Science (Conversion)取得
役職履歴
JCA理事、北海道支部長、RMIT大学日本校サポート委員長
JAC(日本カイロプラクタース協会)理事、北海道ブロック長
HCA(北海道カイロプラクティック協会)理事長
JAC(日本カイロプラクターズ協会)正会員
所属団体
JCA(日本カイロプラクティック総連盟)正会員
HCA(北海道カイロプラクティック協会)正会員
臨床カイロプラクティック学会正会員
IMJ(日本統合医療学会)正会員
KCC北見カイロプラクティックセンター院長

関与事業

1992年
「カイロプラクティックと健康」をテーマにした患者さんとの集い「五健会」を組織。
1993年
カイロプラクター設立開校のキッカケとなった臨床カイロプラクティック学会札幌大会の実行委員長
1994年
カイロ大学設立準備のためオーストラリア公立ロイヤルメルボルン工科大学親善訪問
メルボルン市内のカイロプラクターおよびニュージランドのカイロプラクターを訪問
保険治療など法制化されている事実を把握
第1回「明日のカイロプラクティックを語り合う集い 全道大会」北見市で開催
 
 
1995年
RMIT第一期生と共にカイロプラクティック百年祭(ワシントンDC)に参加
WFC総会、 世界大会に参加/New York ではロバート・コーレスのセンター訪問
1997年
カイロプラクティック世界大会東京大会に五健会役員と共に参加
1999年
日本ブルームボール協会とカイロ治療に関する承認協定締結
2001年
HCA(北海道カイロプラクティック協会)設立 /初代理事長に就任
2006年
第2回「明日のカイロプラクティックを語り合う集い 全道大会」北見市で開催
2010年
整形外科医竹谷内克彰氏 東京カレッジオブカイロプラクティック教務部長村上佳弘氏、九州から800mアスリート城戸崎B.C.Sc.を迎え、また、全北
海道から学位を有するカイロプラクター数が参集し、カイロプラクティック講演会北見大会開催。北見市民100名も参加し正しいカイロプラクティックを学には日本ではTCCなどのカイロ専門大学のみとWHO、WFCも発表している。

患者さんへのメッセージ

北海道北見カイロプラクティックセンターカイロプラクティックは、障害やさまざまな症状はもとより、整形外科にて

「異常なし」と診断されたにもかかわらず、からだの不調を訴えられる患者さんに大変有効な療法です。
というのも、私自身、多くの障害と痛みを経験し、その症状をカイロプラクティックによって改善することができたという経験を持つ、数少ないカイロプラクターであることが、何よりも証明になると思っております。

整形外科のない時代に、私は趣味であったスキージャンプで、右大腿部複雑骨折をしました。その骨折が発端となり、右ひざ関節や骨盤に障害をもたらし、身障者6級という認定を受ける結果となったのです。

そのほかにも、左右肩関節完全脱臼や交通事故によりムチウチ症を経験し、それから10年後、この事故が原因で異常心拍数と体が急に震えるといった、様々な症状(自律神経障害)が発症し、救急病院へ運ばれることも多々あったのです。

これらすべての問題は、カイロプラクティックの出会いで症状の改善が図られました。

最近は、急性心筋梗塞を経験し、高度な現代医療により奇跡的生還を果たすことができました。

これらの経験を踏まえた効果のあるカイロプラクティックを、少しでも多くの人々に経験していただき、安全で効果的な治療を行っております。

受付治療時間

冬季治療時間
9:30~12:00 休診
12:00~15:00
15:00~19:00 休診 休診 休診

料金

検査料金
1000円
カイロ治療
4000円

北見カイロニュース

Link